老人の肺炎

高齢者が肺炎になると、思いもかけずあっという間に命を落としてしまう場合があります。
抵抗力も体力も少ない老人は注意が必要です。
ここでは老人に多い肺炎を紹介しましょう。 どうして老人に多く発症するのかが分かります。

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎

多くの肺炎が細菌やウイルスによって発症するのに対し、誤嚥性肺炎は異物によって起こります。
通常肺には私たちが呼吸をしたときの空気が気管を通して送られ、酸素を取り込みます。


食べた物などが気管に入り込んでしまうと、反射的に激しく咳き込んで気管から出してしまいます。


この異物を気管の外に出すことができずに気管支まで入り込み、結果的に肺炎を起こしてしまうのです。

老人がなりやすいのは何故?

お年寄りの場合、体力がないために、気管に異物が入ってしまっても、咳き込みが弱くて外に出してしまうことができません。


また、寝たきりの人なども食べたもの、唾液、胃液などを誤嚥しやすく、このため誤嚥性肺炎にかかりやすくなってしまうのです。
寝たきりだと口をあけていることも多く、口内が乾燥してしまいます。
そうすると必然的に口の中のものを飲み込みづらくなってしまい、誤嚥へとつながってしまうのです。


咳き込む力が弱いために、むせることもできず、誤嚥していることに気づかない場合もあるので注意が必要です。
また、何度も誤嚥を繰り返すうちに誤嚥に対する反射も徐々に落ちてきます。
発熱もしなくなってしまうので、肺炎になっていても気づかない場合もあります。

体力がないので注意が必要

水分

やはり誤嚥性肺炎の一番の原因は誤嚥なので、体力がないと反射的に激しく咳き込むこともできません。
体力がないということは、誤嚥性肺炎に限らず、健康面において良いことではありません。


体力と共に大切なのは水分です。口の中や喉が渇いていると口の中の物を飲み込むことがスムーズにできません。


老人の場合は体力をつけることが困難かもしれませんが、誤嚥させないような配慮をするだけで多少の効果はあるでしょう。

誤嚥しやすいタイミング

食事のときが一番誤嚥を起こしやすいのですが、一口目が一番多いといえるでしょう。
食べ物を口に入れる前に、飲み込む練習をしてから口に入れるようにしましょう。


また、食べた後、すぐに横になると胃から食べたものが逆流してしまう場合もあります。
このときも誤嚥が起こりやすいのでなるべく食事の後は、一休みしてから横になるようにしましょう。口の中のケアをしっかり行っていると、唾液の分泌もスムーズになり、自浄作用もあがります。


寝たきりの老人などは話すことも少なく、口の中が不潔になったり渇き気味になってしまいます。
口を長い間とじているだけで、口内環境はあっという間に悪くなってしまいます。
口の中を清潔にすることも誤嚥を防ぐうえで大切なことなのです。

誤嚥性肺炎の治療

誤嚥性肺炎は、流動食を摂っている患者にも多くみられるので、まず流動食を含む食事をストップします。
点滴により、抗生剤と水分を体内に取り入れます。
誤嚥性肺炎を起こした老人は、入院することによって急激に体力が落ちてしまうことがあります。
これは入院することがいけないのではなく、急激な環境の変化についていけないためでしょう。
また、この肺炎で様態が急変するお年寄りが多いのも事実です。重症になり、呼吸不全を起こした場合は人工呼吸器をつける措置もとられます。


せかっく治療を行って肺炎が改善しても、咳き込む力が強くなければ誤嚥は繰り返されます。再発しやすい肺炎といえるでしょう。
それまでチューブで食事を摂っていた寝たきりの老人は、食事の摂取方法を変更することも医師と相談してみましょう。


食事を摂れないということは、それだけ体力も落ちてしまいますのでとても大切なことです。